スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛と潤いのドリンク劇場『伊藤君と円先輩』61本目『ウル虎怪獣 レモネード』夏祭り篇5(N:藤間しおん I:石原理)

2010-09-03

☆ 伊藤苑に入社した天才的な味覚を持つ伊藤若葉君のドリンク探求物語。

▼61本目『ウル虎怪獣 レモネード』夏祭り篇5



大同 アイコン 80

大同「伊藤君、ぼくもジュースを驕るよ。
 東京だから、方言トークの自販機じゃないのが残念だなぁ。
 何がいい? ボタン押して」


アイコン 伊藤若葉顔黒80

伊藤君「ありがとうございます。
 やはりここは『ウル虎怪獣 レモネード』で!」

ボタンを押すと、横のランプがくるくると回り始めた。


アイコン 伊藤若葉顔黒80

伊藤君「これは!?」


大同 アイコン 80

大同「くじだよ。
 当たりが出たら、もう一本」

ランプの光は当たりの近くでゆっくりとなった。


アイコン 伊藤若葉顔黒80

伊藤君「当たるかな?」

光はピッ……っと、当たりの隣で止まった。


アイコン 伊藤若葉顔黒80

伊藤君「あ、外れた。残念。
 これって当たる確率はいくつなんですか?」


大同 アイコン 80

大同「確率は選べるようになっているから、ぼくには分からないな」


アイコン 伊藤若葉顔黒80

伊藤君「小さいランプなのに、くじはくじですね。
 射幸心を煽る作りになっていて、面白いです」

僕はこくんとレモネードを飲んだ。


アイコン 伊藤若葉顔黒80

伊藤君「柔らかいレモン味が口に広がりますね。
 現在だと本物志向が激しく、レモンは酸っぱいのが標準ですから、これはこれで逆に飲みやすい人もいそうです」


続く


次回9月6日金曜日UP予定です♪


毎週月・金曜日に更新
応援ありがとう!お礼SSあるよ☆
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

tag : 擬人化 BL小説 ボーイズラブ小説

愛と潤いのドリンク劇場『伊藤君と円先輩』63本目『ペッパー博士』(N:藤間しおん I:石原理)

2010-09-10

☆ 伊藤苑に入社した天才的な味覚を持つ伊藤若葉君のドリンク探求物語。


▼63本目『ペッパー博士』


伊藤家若葉自室。


アイコン 伊藤若葉顔黒80

若葉「こんな暑い日にエアコンが壊れるなんて~。
 早く業者さん、来ないかな。
 暑気あたりしてしまったよ~」

僕は氷マクラを抱きかかえながら、ベッドの上にいた。
その時、どこからか聞こえてくるペッパー、というリズミカルな呟き声と、フィンガースナッピング。
扉が開き、さーっと赤い絨毯が走ってきた。

「暑気あたりだって!?
 ペッパー博士にまかせなさい!」


アイコン 伊藤若葉顔黒80

若葉「……わざとらしい白衣とビン底眼鏡をかけているけど、コカさんでしょ?」


コカアイコン80

コカ「オーウ!
 こんな完璧なコスプレで来たのに、どうしてばれたんだい!?」


アイコン 伊藤若葉顔黒80

若葉「赤い絨毯と共に現れる医者なんていませんから」


コカアイコン80

コカ「ふふっ、愛だね、伊藤君。
 さぁ、この『ペッパー博士』を飲みたまえ!」


アイコン 伊藤若葉顔黒80

若葉「ありがとうございます」

僕はくんっと匂いを嗅いだ。


アイコン 伊藤若葉顔黒80

若葉「鼻に広がるチェリーの香り。
 舌の上で弾ける大粒の炭酸、アメリカンチェリーの強い甘味。
 しかし微妙に苦いですね」


続く


次回9月13日月曜日UP予定です♪


毎週月・金曜日に更新
応援ありがとう!お礼SSあるよ☆

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

tag : 擬人化 BL小説

愛と潤いのドリンク劇場『伊藤君と円先輩』64本目『ペッパー博士 ホット』(N:藤間しおん I:石原理)

2010-09-17

☆ 伊藤苑に入社した天才的な味覚を持つ伊藤若葉君のドリンク探求物語。


▼64本目『ペッパー博士 ホット』



コカアイコン80

コカ「そして暑い夏には温かい飲み物を!
 電子レンジで温めた『ペッパー博士』で体を温めたまえ!」


アイコン 伊藤若葉顔黒80

若葉「……暑気あたりしている時に、温かい飲み物を勧めてどうするんですか」

僕はこくんと飲んだ。


アイコン 伊藤若葉顔黒80

若葉「あ、温かい炭酸飲料って面白いですね。
 冷たい時は炭酸が強く舌に残ってしまいましたけど、温かいとチェリーの香料と甘みのほうが感じます。
 そしてなによりも温かいドリンクを飲んでいるのに、舌へシュワっと広がる細かい炭酸の粒。
 新鮮で素敵です」


コカアイコン80

コカ「そうだろう」

僕の左手の上に、コカの手が重なる。
はっとし、手を動かそうとしたが、びくともしない。


アイコン 伊藤若葉顔黒80

若葉「手を離してください」


コカアイコン80

コカ「アメリカでの販路拡大おめでとう」

コカの瞳が攻撃的に輝き、色っぽく濡れる。
怯んじゃダメだ。


アイコン 伊藤若葉顔黒80

若葉「ありがとうございます」


コカアイコン80

コカ「君を奪いたい」

耳元での囁き。
首筋に這うコカの吐息。
ぞくっとする。

「電気屋でーす」

コカの手が緩んだ隙に、僕は離れた。


続く


次回9月20日月曜日UP予定です♪


毎週月・金曜日に更新
応援ありがとう!お礼SSあるよ☆

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

tag : 擬人化 BL小説

愛と潤いのドリンク劇場『伊藤君と円先輩』65本目『ペープシ』(N:藤間しおん I:石原理)

2010-09-20

☆ 伊藤苑に入社した天才的な味覚を持つ伊藤若葉君のドリンク探求物語。


▼65本目『ペープシ』



三鳥井アイコン 80

三鳥井「インド市場でナンバー1!
 それは『ペープシ』!」


アイコン 伊藤若葉顔黒80

若葉「三鳥井さん」

僕はほっとして、三鳥井に駆け寄った。


アイコン 伊藤若葉顔黒80

若葉「今日はお兄様とチェス?」


三鳥井アイコン 80

三鳥井「ああ、希鈴がまだ来なくてな。
 コカ公。お前、何をやっている」


コカアイコン80

コカ「鬼を君達が惹き付けている間に、伊藤君を口説きにきた」


三鳥井アイコン 80

三鳥井「はっ、正直なヤツだ。
 しかし伊藤君は円さんの秘蔵っ子だ。手を出すな」

三鳥井は僕の頬に缶を当てた。


アイコン 伊藤若葉顔黒80

若葉「冷たくて気持ちがいい」

三鳥井の端正な顔が間近に迫る。


アイコン 伊藤若葉顔黒80

若葉「え……」

彼は額をこつんと重ねた。


三鳥井アイコン 80

三鳥井「熱があるな」

次の瞬間。
僕は三鳥井に抱き抱えられ、ベッドへと運ばれた。
『ペープシ』のように、爽やかな汗。
力強い腕。


三鳥井アイコン 80

三鳥井「大丈夫か?」

三鳥井は僕のシャツに触れた。
ボタンが外されていく。
火照った胸が露わになった。


アイコン 伊藤若葉顔黒80

若葉「さ、さ、三鳥井さん?」


三鳥井アイコン 80

三鳥井「熱を放出しないと……これは……綺麗な肌だな」

三鳥井は優しく微笑んだ。
瞳が色っぽく輝く。

続く


次回10月4日月曜日UP予定です♪


毎週月・金曜日に更新
応援ありがとう!お礼SSあるよ☆

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

tag : 擬人化 BL小説

愛と潤いのドリンク劇場『伊藤君と円先輩』66本目『ペープシ 2』(N:藤間しおん I:石原理)

2010-10-04

☆ 伊藤苑に入社した天才的な味覚を持つ伊藤若葉君のドリンク探求物語。


▼65本目『ペープシ 2』



三鳥井アイコン 80

三鳥井「口説く、か。
 うむ。結婚相手として伊藤家というのもアリかもしれん。
 ここで既成事実を作ってしまえば、お祖母様も口は出せないだろう」


アイコン 伊藤若葉顔黒80

若葉「な、な、な、な、何をおっしゃっているんですか!?
 三鳥井さん!?」

三鳥井が、つぅっと敏感な僕の肌に触れる。
ビクッと、僕は体を震わせた。
反応するな、僕の体。
コカが見ている前で、恥ずかしすぎる。


コカアイコン80

コカ「待ちたまえ。
 伊藤君は私のモノだ」


アイコン 伊藤若葉顔黒80

若葉「僕は誰のモノでもありませんよ」


三鳥井アイコン 80

三鳥井「体は正直だがな。
 力を抜いて、俺のモノになれ、伊藤君。
 日本経済が俺達の結婚を祝福してくれるぞ」


コカアイコン80

コカ「私と一緒になれば、世界が君のものだ。
 世界ブランド価値ナンバー1!
 それがコーラ帝国! でジュ☆」

コカがベッドに座り、僕の右手に触れる。
しまったと思い、ずらそうとするが動かない。
いつの間にか僕は彼らに押さえ込まれていた。

男達の熱気と、爽やかで甘い空気が僕を包み込む。
目眩がする。


アイコン 伊藤若葉顔黒80

伊藤君「お断りします」


続く


次回10月8日金曜日UP予定です♪


毎週月・金曜日に更新
応援ありがとう!お礼SSあるよ☆

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

tag : 擬人化 BL小説 小説

愛と潤いのドリンク劇場『伊藤君と円先輩』66本目『コーラ チェリー』(N:藤間しおん I:石原理)

2010-10-08

☆ 伊藤苑に入社した天才的な味覚を持つ伊藤若葉君のドリンク探求物語。


▼66本目『コーラ チェリー』


コカアイコン80

コカ「ワオ! 見たかい? 三鳥井君。
 この私が初めて断られる瞬間を!」


三鳥井アイコン 80

三鳥井「自慢か?」


コカアイコン80

コカ「というわけで、三鳥井君、部屋を出ていってくれたまえ。
 これからは私達二人の問題だ」


アイコン 伊藤若葉顔黒80

若葉「いや、もう二人とも、僕の部屋から出て行ってくださいよ」

コカアイコン80

コカ「こんなに熱くなった君を一人にしたら、男が廃る」

コカの手が、伸びる。

触れる。

熱くなってのぼせる僕を、二人がじっと見る。


アイコン 伊藤若葉顔黒80

若葉「あの……触らないで」


コカアイコン80

コカ「響には触らせておいて?」


アイコン 伊藤若葉顔黒80

若葉「お兄様はこんな触り方……しません」

いや、たまにするな……変態兄貴が!


コカアイコン80

コカ「ふうん……『コーラ チェリー』のような甘酸っぱさだネ。
 君のチェリーが食べられるなんて、夢のようだ」


三鳥井アイコン 80

三鳥井「俺を忘れるなよ、コカ公」


コカアイコン80

コカ「私は二人一緒でもいいけど?」

三鳥井がびくっと怯んだ。


コカアイコン80

コカ「君とは親友だけど、このチェリーは譲れないヨ……ねぇ、若葉」

炭酸のように痺れさせる甘い言葉が、耳元で囁かれる。


続く


次回10月11日月曜日UP予定です♪


毎週月・金曜日に更新
応援ありがとう!お礼SSあるよ☆

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

tag : 擬人化 BL小説

愛と潤いのドリンク劇場『伊藤君と円先輩』67本目『コーラ チェリー 2』(N:藤間しおん I:石原理)

2010-10-15

☆ 伊藤苑に入社した天才的な味覚を持つ伊藤若葉君のドリンク探求物語。


▼67本目『コーラ チェリー 2』



コカアイコン80

コカ「私の刺激が欲しくないかい?」

低い声が僕の脳に木霊する。
ぞくぞくっと体が震える。


コカアイコン80

コカ「君の口をこじ開けて、舌に絡ませて、喉を私で一杯にしたい。
 体に私を流し込みたい。
 若葉、私を味わいたくないかい?」

麻薬のような声色が、僕の感覚を研ぎ澄ませる。


アイコン 伊藤若葉顔黒80

若葉「……ぁ」

体が嫌でも反応してしまう。
甘くて、辛くて、そして爽やかで。
アディクトしてしまう。
夢中になってしまう。
はまってしまう。
離れられなくなってしまう。

コカが僕の唇に触れる。


コカアイコン80

コカ「欲しいだろ?
 ねぇ、若葉?」

愛される恐怖。
依存してしまいそうな。
もう離れられなくなってしまいそうな。
悪魔の囁き。


アイコン 伊藤若葉顔黒80

若葉「うっ……円……先輩……っ」

コカが、僕の頬を伝わる涙に触れた。


コカアイコン80

コカ「若葉」


アイコン 伊藤若葉顔黒80

若葉「僕は……円先輩と……世界一のドリンクを作るんです……まだ未熟だけど……円先輩と……」


コカアイコン80

コカ「若葉、泣かないで」

その時。

赤い缶がコカと三鳥井の頭に、ガゴーンとクリーンヒットした。


続く


毎週月・金曜日に更新
応援ありがとう!お礼SSあるよ☆

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

tag : 擬人化 BL小説 SS

愛と潤いのドリンク劇場『伊藤君と円先輩』68本目『希鈴コーラ』(N:藤間しおん I:石原理)

2010-10-15

☆ 伊藤苑に入社した天才的な味覚を持つ伊藤若葉君のドリンク探求物語。


▼68本目『希鈴コーラ』



希鈴アイコン 80

希鈴「ほーほほほほ!
 『希鈴コーラ』は変質者撃退にも使えてよ!」


コカアイコン80

コカ「き、希鈴君。
 私の頭から血がぴゅーって出ているのだが」


希鈴アイコン 80

希鈴「自業自得」

コカはベッドに落ちていた缶を拾った。


コカアイコン80

コカ「これは!
 マスコミに取り上げられ、大々的に広告された割には、あっという間にコンビニから撤退し、今では一部の自動販売機にしか置いていないという幻の『希鈴コーラ』でジュ!」

その時、コカの眉間に二本目の缶がヒットした。


希鈴アイコン 80

希鈴「この可愛らしい缶デザインの良さが分からない男なんて、クズよ」


コカアイコン80

コカ「あの、希鈴君。
 次は私の眉間からぴゅーっと血が出ているのだけど」

希鈴アイコン 80

希鈴「全く、何やってんの?
 円様にばれたら大モメよ。
 こんな草食動物だって一応円様の部下なんですからね。
 あたしの夫になる人の部下なのよ。
 三鳥井まで一緒になって」


三鳥井アイコン 80

三鳥井「だがお前もさっきからずっと覗いていただろ」


希鈴アイコン 80

希鈴「あら、ライバルは少ないほうがいいもの。
 抵抗したから止めただけ」


次回10月18日月曜日UP予定です♪


毎週月・金曜日に更新
応援ありがとう!お礼SSあるよ☆

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

tag : 擬人化 BL小説 ドリンク

愛と潤いのドリンク劇場『伊藤君と円先輩』69本目『ミドリコーラ』(N:藤間しおん I:石原理)

2010-10-18

☆ 伊藤苑に入社した天才的な味覚を持つ伊藤若葉君のドリンク探求物語。


▼69本目『ミドリコーラ』



あさひ アイコン80

あさひ「無理矢理なんてダメですよ」

後ろから、あさひが携帯電話を構えながら出てきた。


アイコン 伊藤若葉顔黒80

若葉「あさひ君!
 ……それは?」


あさひ アイコン80

あさひ「ビデオ録画機能付き携帯電話です。
 伊藤君の甘い姿は素晴らしい。
 この自然さ。
 着色料もカフェインも保存料もゼロの『ミドリコーラ』のようです」


希鈴アイコン 80

希鈴「あさひって、本当にスーパードライよねぇ」


コカアイコン80

コカ「それに黒い」


三鳥井アイコン 80

三鳥井「さらに辛口」


あさひ アイコン80

あさひ「僕は良い素材が好きなだけです」


名波アイコン80

響「何の話だ」

お兄様が部屋に入ってきた。


コカアイコン80

コカ「伊藤君のシャツの話だヨ。
 汗をかいていたから、脱がしてあげようと思ってね」


名波アイコン80

響「分かったから、さっさと若葉のベッドから降りろ」

僕はやっとコカから解放された。


アイコン 伊藤若葉顔黒80

若葉「お兄様」

お兄様がキラキラと輝いて見える。
助けてくれるのはお兄様だけだ。

次の瞬間。


アイコン 伊藤若葉顔黒80

若葉「!!」

僕はお兄様にシャツを脱がされた。
僕の体に皆の視線が集まる。


名波アイコン80

響「濡れたシャツは脱がな……ぐはっ!」

僕はお兄様に枕を投げつけた。


続く


次回10月22日金曜日UP予定です♪
すいません、調整のため、次回10月29日金曜日にUPします。
新作は拍手ボタン先のお礼ページにあります。
クリックしてね☆彡


毎週金曜日に更新
応援ありがとう!お礼SSあるよ☆

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

tag : 擬人化 BL小説

愛と潤いのドリンク劇場『伊藤君と円先輩』70本目『熊コーラ』(N:藤間しおん I:石原理)

2010-11-01

☆ 伊藤苑に入社した天才的な味覚を持つ伊藤若葉君のドリンク探求物語。


▼70本目『熊コーラ』


伊藤苑研究室。

円先輩がデスクで仕事している。
研究室に流れる緊張感。
この空気の中で名作ドリンクが生まれたのだ。
伝説に立ち会っている瞬間。
僕はちらっと、円先輩を盗み見る。
彫りが深く鼻が高い。
唇が、あの首筋が……いやいや、仕事中だ。
試飲のレポートを仕上げないと。
でも……。
その時、円先輩と目が合った。
ヤバイ。
円先輩の真面目な視線が怖い。


円先輩アイコン80

円先輩「伊藤君、ちょっと」


アイコン 伊藤若葉顔黒80

伊藤君「はい!」

僕は円先輩のデスクに駆け寄った。


円先輩アイコン80

円先輩「見ろ、熊だ」


アイコン 伊藤若葉顔黒80

伊藤君「熊?」


円先輩アイコン80

円先輩「これだよ。『熊コーラ』。
 北海道産のコーラだ。
 歯を剥き出しにしている熊が襲ってきそうな、力強いパッケージ。
 いいだろう!」


アイコン 伊藤若葉顔黒80

伊藤君「これ『熊コーラ』が正式名なんですか?
 宗谷の塩とか、シオコーラとか、Cola Blue とか、熊出没注意とか書いてあって、どれが正式名なのか分かりませんよ」

僕はパッケージを手に取り、溜息を吐いた。
伝説も、このパッケージだったら、台無しだ。


続く

☆お知らせ☆
今月から12月末まで不定期連載です♪
書籍刊行予定、イベント予定など随時UPしていきます。
お楽しみに!

新作は拍手ボタン先のお礼ページにあります。
クリックしてね☆彡

今月から不定期更新。
応援ありがとう!お礼SSあるよ☆

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

tag : 擬人化 BL小説

プロフィール

ペンちゃん110

Author:ペンちゃん110
伊藤家に飼われているペンちゃんだペン☆
ドリンク企業擬人化『伊藤君と円先輩』ブログの管理人だペン。
更新は金曜日♪
遊びにきてきて~♪

『伊藤君と円先輩』』書籍化決定!

『伊藤君と円先輩 Labo』お試し☆
読者数
リンクフリー。バナーお持ち帰りOK★
ドリンク擬人化『伊藤君と円先輩』
メールアドレス
このサイトは基本的にリンクフリーです。 当サイトへの通知は必要ありませんが、メールをいただければ相互リンクいたします。
メール
FC2おすすめブログ認定☆
QRコード
QR
最新記事
カテゴリ
☆始めから順番に読む☆
月別アーカイブ
リンク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
無料電子書籍DL★
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。