スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛と潤いのドリンク劇場『伊藤君と円先輩』▼91本目 『特に濃いコーンポタージュ 3』(N:藤間しおん I:石原理)

2011-06-03

十人立絵


☆ 伊藤苑に入社した天才的な味覚を持つ伊藤若葉君のドリンク探求物語。


▼91本目 『特に濃いコーンポタージュ 3』


『特に濃いコーンポタージュ』のような特別濃厚で甘い愛撫。
飲むたびに粒が次々とたっぷり出てくるような幸福感が僕を包む。


アイコン 伊藤若葉顔黒80

伊藤君「先輩!
 あの今日はおと……社長達もいらっしゃってて……あ……あっ!!」

体がいやらしくなる。
特濃な愛撫に心が震える。
もう戻れない。
愛を知らない子供時代は、もう戻ってこない。
先輩の繊細で、そして力強い指が僕を燃えさせる。
感度が昂っていく。
興奮していく。
円先輩が僕をじっと見つめた。
その真摯な瞳。


円先輩アイコン80

円先輩「若葉。
 伊藤社長も今日、俺達がこの部屋に泊まることはご存じだ」

僕の心臓がどくん、と高鳴る。
お父様が僕と円先輩の関係を知っていらっしゃる。


円先輩アイコン80

円先輩「車内で君との関係を聞かれたよ。
 先日のホテルのことも。
 若葉君を大切にしますってお伝えした」

僕は円先輩にゆっくりとベッドに押し倒された。
先輩がネクタイをするりと外す。
シャツを脱ぐ。


円先輩アイコン80

円先輩「だから受け止めて欲しい」

先輩が僕の両手を押さえた。


続く


★次回、金曜日頃更新♪★


☆お知らせ☆
単行本発売しました♪



新作は拍手ボタン先のお礼ページにあります。
クリックしてね☆彡
応援ありがとう!お礼SSあるよ☆
スポンサーサイト

テーマ : BL小説
ジャンル : 小説・文学

tag : 擬人化 BL小説 小説 ドリンク 伊藤園 ボーイズラブ小説 石原理 コーンポタージュ

愛と潤いのドリンク劇場『伊藤君と円先輩』▼92本目 『特に濃いコーンポタージュ 4』(N:藤間しおん I:石原理)

2011-06-10

十人立絵


☆ 伊藤苑に入社した天才的な味覚を持つ伊藤若葉君のドリンク探求物語。


▼92本目 『特に濃いコーンポタージュ 4』


円先輩アイコン80

円先輩「もう逃がさない」

先輩に両手を頭上で押さえ付けられて、僕はドキドキしてしまった。
円先輩が僕の首筋にキスをする。
シャツのボタンが外された。
先輩が僕を見下ろす。


円先輩アイコン80

円先輩「君は本当に綺麗だな。
 こうして光の下で見ると、さらに美しい」

僕は真っ赤になった。


アイコン 伊藤若葉顔黒80

伊藤君「な、な、な、何をおっしゃいますか。
 でも先輩に言われると嬉しいです」

だからほら、訊けよ僕。
先輩が僕の事を好きなのかどうか。
本気なのかどうか。
いやでも、先輩は昔会った茶畑の君が好きだと言っていたよなぁ。
最初が円先輩っていうだけでも幸運なわけだけど、出来ればこの男が僕の恋人になってくれればいいのに。
先輩が体をゆっくりと重ねてきた。
足が絡まる。
先輩の熱い興奮がダイレクトに伝わってきた。
日本人離れした円先輩を、僕が受け止められるのだろうか。


円先輩アイコン80

円先輩「愛してる」

言葉が本当なのか。
嘘なのか。
僕には分からない。
ただ今だけは彼が僕の恋人。
これだけは真実だ。


続く


★次回、金曜日頃更新♪★


☆お知らせ☆
単行本発売しました♪



新作は拍手ボタン先のお礼ページにあります。
クリックしてね☆彡
応援ありがとう!お礼SSあるよ☆

テーマ : BL小説
ジャンル : 小説・文学

tag : 擬人化 BL小説 小説 ドリンク 伊藤園 ボーイズラブ小説 石原理 コーンポタージュ

愛と潤いのドリンク劇場『伊藤君と円先輩』▼93本目 『特に濃いコーンポタージュ 5』(N:藤間しおん I:石原理)

2011-06-17

十人立絵


☆ 伊藤苑に入社した天才的な味覚を持つ伊藤若葉君のドリンク探求物語。


▼93本目 『特に濃いコーンポタージュ 5』


アイコン 伊藤若葉顔黒80

伊藤君「愛してます」

円先輩が僕のベルトにそっと触れた。
僕の心臓が震える。

その時。

ピンポーンっとチャイムが鳴り響いた。
一瞬、円先輩の動きが止まる。


アイコン 伊藤若葉顔黒80

伊藤君「……」


円先輩アイコン80

円先輩「気にするな」

円先輩は僕にキスをした。
ピンポーン、ピンポーン。
チャイムが連続で鳴り響く。


円先輩アイコン80

円先輩「……ったく! どこのどいつだ!」

先輩が僕から離れ、上半身裸のまま玄関へと向かおうとした。


アイコン 伊藤若葉顔黒80

伊藤君「先輩、シャツ!」

僕は慌てて先輩にシャツを着せた。
ちらりと下を見る。
円先輩は興奮しきっていた。
改めて見ると、凄い。
背筋がぞくぞくっとする。
体が……なんか変だ。
ドアフォンを先輩が取る。


円先輩アイコン80

円先輩「なんだ、名波か。
 今、取り込み中だ。後にしろ。
 部長がお呼びだと?
 たいした用事じゃないだろ。対処しといてくれ。
 ああ……ああもう、分かった分かった、俺が行くから。
 開けろって? 分かったよ」

お兄様が部屋に入ってくる! 
僕は慌てて蒲団を被った。


名波アイコン80

名波「失礼します」


続く


★次回、金曜日頃更新♪★


☆お知らせ☆
単行本発売しました♪



新作は拍手ボタン先のお礼ページにあります。
クリックしてね☆彡
応援ありがとう!お礼SSあるよ☆

テーマ : BL小説
ジャンル : 小説・文学

tag : 擬人化 BL小説 ドリンク 伊藤園 ボーイズラブ小説 コーンポタージュ

愛と潤いのドリンク劇場『伊藤君と円先輩』▼94本目 『特に濃いコーンポタージュ 6』(N:藤間しおん I:石原理)

2011-06-24

十人立絵


☆ 伊藤苑に入社した天才的な味覚を持つ伊藤若葉君のドリンク探求物語。


▼94本目 『特に濃いコーンポタージュ 6』


お兄様はスタスタとベッドルームへと入ってきた。


名波アイコン80

名波「伊藤君、もう集合時間だ。支度したまえ」

僕はそっと蒲団から顔を出した。
とても気まずい。
お兄様は僕の顔をじっと見てからにやりと笑い、小声で言った。


名波アイコン80

名波「君のバージンは死守したようだな」


アイコン 伊藤若葉顔黒80

伊藤君「……もしかしてわざとですか?」


名波アイコン80

名波「当たり前だろ? 婚前交渉など誰が許すか」


アイコン 伊藤若葉顔黒80

伊藤君「でも……お父様だって認めてくださっていると先輩はおっしゃてましたよ?」


名波アイコン80

名波「お父様はお父様。私は私だ」

そしてお兄様はソファに座った。


名波アイコン80

名波「待ってますから、さっさと支度してください。
 あぁ、円さん」


円先輩アイコン80

円先輩「なんだ?」


名波アイコン80

名波「広いベッドですね。
 これなら三人でも眠れそうだ。
 今夜ミーティングをいたしましょう。
 資料は持ってきています」

円先輩はお兄様の前に立ち、腕を組んだ。


円先輩アイコン80

円先輩「名波。あのな」


名波アイコン80

名波「まさか円さん、社員旅行で艶事をする……わけありませんよねぇ?」

お兄様が意地悪く笑った。


続く


★次回、金曜日頃更新♪★


☆お知らせ☆
単行本発売しました♪



新作は拍手ボタン先のお礼ページにあります。
クリックしてね☆彡
応援ありがとう!お礼SSあるよ☆

テーマ : BL小説
ジャンル : 小説・文学

tag : 擬人化 BL小説 ドリンク 伊藤園 ボーイズラブ小説 SS コーンポタージュ

愛と潤いのドリンク劇場『伊藤君と円先輩』▼95本目 『ぎゅぎゅっとオレンジソーダ』(N:藤間しおん I:石原理)

2011-07-01

十人立絵


☆ 伊藤苑に入社した天才的な味覚を持つ伊藤若葉君のドリンク探求物語。


▼95本目 『ぎゅぎゅっとオレンジソーダ』


伊藤苑社屋。

休憩時間になり、僕は屋上に来た。
雲一つない青空が広がっている。まるで円先輩のようだ。
僕は『ぎゅぎゅっとオレンジソーダ』をこくりと飲んだ。
爽やかな炭酸の舌触りとオレンジの酸味。


アイコン 伊藤若葉顔黒80

伊藤君「甘酸っぱい……恋の味か。
 あ~、なる程。甘さと苦味。そして酸味。
 果汁の複雑な味。そして恋心の溢れるばかりの盛り上がりがソーダか。
 こういうのが思春期の味なのかな」

僕は明るいオレンジ色の缶を見つめた。


アイコン 伊藤若葉顔黒80

伊藤君「恋か……。
 勉強ばかりしないで、もっと思春期に経験しておけば良かった。
 いや、勉強しなかったら、円先輩に会えなかったか」

先輩の顔が浮かぶ。
その熱い感触も。
思い出すと体がぞくっとする。
冷静にならないとダメだ。
先輩と目が合っただけで、試験管を落としそうになる。
この気持ちは恋? それともただの憧れ?
円先輩の恋人になれる?
いや、彼には好きな人がいる。
だから僕は……。


アイコン 伊藤若葉顔黒80

伊藤君「恋は複雑だ……」

僕は溜息を吐いた。


続く


★次回、金曜日頃更新♪★


☆お知らせ☆
単行本発売しました♪



新作は拍手ボタン先のお礼ページにあります。
クリックしてね☆彡
応援ありがとう!お礼SSあるよ☆

テーマ : BL小説
ジャンル : 小説・文学

tag : 擬人化 BL小説 ドリンク ボーイズラブ小説 伊藤園 ぎゅっとORANGEソーダ

愛と潤いのドリンク劇場『伊藤君と円先輩』▼96本目 『午後は紅茶 エスプレッソ ブラック』(N:藤間しおん I:石原理)

2011-07-08

十人立絵


☆ 伊藤苑に入社した天才的な味覚を持つ伊藤若葉君のドリンク探求物語。


▼96本目 『午後は紅茶 エスプレッソ ブラック』


いきなり冷たいモノが頬に触れた。


アイコン 伊藤若葉顔黒80

伊藤君「ひぃあ!」


希鈴アイコン 80

希鈴「なーに真剣な顔しちゃってんのよ」


アイコン 伊藤若葉顔黒80

伊藤君「希鈴さん」


希鈴アイコン 80

希鈴「ほら、飲みなさい。
 『午後は紅茶 エスプレッソ ブラック』は無糖だから、お子様なあんたの舌にあうか分からないけどね」


アイコン 伊藤若葉顔黒80

伊藤君「うわ~。僕、これ大好きです。
 紅茶をぎゅっと濃縮したエスプレッソなのに、大胆にもブラック。
 その上、無糖って素晴らしいですよね。
 紅茶は時間が経つと苦味が出てしまいますし。
 これももちろん出ているんですけど、あぁ、そうか!
 ローストした苦さと掛け合わせることによって、気付かないようにしてるんですね。
 まだまだ改良は出来るでしょうけど、銘品ですよね~。
 これが自動販売機で飲めるって凄いです」


希鈴アイコン 80

希鈴「まぁね」

希鈴はふふんっと笑い、胸を張った。


希鈴アイコン 80

希鈴「落ち込むなんて、らしくないわよ。
 どうせ円様とのベッドインを名波に邪魔された。
 そんなとこでしょ」


アイコン 伊藤若葉顔黒80

伊藤君「敵に塩送るなんて余裕ですね」


続く


★次回、金曜日頃更新♪★


☆お知らせ☆
単行本発売しました♪



新作は拍手ボタン先のお礼ページにあります。
クリックしてね☆彡
応援ありがとう!お礼SSあるよ☆

テーマ : BL小説
ジャンル : 小説・文学

tag : 擬人化 BL小説 ドリンク 午後の紅茶 エスプレッソティー アイスラテ

愛と潤いのドリンク劇場『伊藤君と円先輩』▼97本目 『午後は紅茶 エスプレッソ アイスラテ』(N:藤間しおん I:石原理)

2011-07-15

十人立絵


☆ 伊藤苑に入社した天才的な味覚を持つ伊藤若葉君のドリンク探求物語。


▼97本目 『午後は紅茶 エスプレッソ アイスラテ』


希鈴アイコン 80

希鈴「ほほほ、敵?
 そんな風に思ってなくってよ。あんたは未来の夫である円様の部下ですもの」


アイコン 伊藤若葉顔黒80

伊藤君「王者の余裕ですか」


希鈴アイコン 80

希鈴「もちろん」

希鈴は『午後は紅茶 エスプレッソ アイスラテ』を開けて飲んだ。


アイコン 伊藤若葉顔黒80

伊藤君「うわぁ~」


希鈴アイコン 80

希鈴「目をキラキラさせて見てるんじゃないわよ!
 ほら、あんたにもあげるから!」


アイコン 伊藤若葉顔黒80

伊藤君「美味しい!
 パンチのある濃い紅茶に負けないしっかりした甘みと強いミルク味。
 あぁ、砂糖使ってる。人工甘味料だと茶葉の強さに負けますもんね。
 味のバランスがいいなぁ」


希鈴アイコン 80

希鈴「他社製品をそんなに褒めちゃって甘ちゃんね」


アイコン 伊藤若葉顔黒80

伊藤君「美味しいものは美味しい。
 この現実は変わりませんよ」


希鈴アイコン 80

希鈴「うふふ、円様が私の夫になる未来も変わらなくてよ」


アイコン 伊藤若葉顔黒80

伊藤君「そこは譲れません」


希鈴アイコン 80

希鈴「どうかしら。自信があって?」


続く


★次回、金曜日頃更新♪★


☆お知らせ☆
単行本発売しました♪



新作は拍手ボタン先のお礼ページにあります。
クリックしてね☆彡
応援ありがとう!お礼SSあるよ☆

テーマ : BL小説
ジャンル : 小説・文学

tag : 擬人化 BL小説 ドリンク 小説 伊藤園 ボーイズラブ小説 キリン 午後の紅茶 エスプレッソ

愛と潤いのドリンク劇場『伊藤君と円先輩』▼98本目 『午後は紅茶 エスプレッソ アイスラテ 2』(N:藤間しおん I:石原理)

2011-07-22

十人立絵


☆ 伊藤苑に入社した天才的な味覚を持つ伊藤若葉君のドリンク探求物語。


▼98本目 『午後は紅茶 エスプレッソ アイスラテ 2』


アイコン 伊藤若葉顔黒80

伊藤君「自信ですか?
 ……僕も希鈴さんみたいにあればいいんですけど、あまりないですね」


希鈴アイコン 80

希鈴「そんな気持ちで円様の夫になろうとしたわけ? あきれた」


アイコン 伊藤若葉顔黒80

伊藤君「夫?
 円先輩、初恋の君がいますから……僕とはセフレ関係ですよ」


希鈴アイコン 80

希鈴「初恋の君って……」

そう言った希鈴は、悲しそうな顔をしてアイスラテを飲んだ。


希鈴アイコン 80

希鈴「……そんなの関係ないわよ。
 あたしの方が円様を好きだもの。
 絶対、振り向かせてやるんだから」

僕もアイスラテを飲んだ。


アイコン 伊藤若葉顔黒80

伊藤君「飲み物ってその時の気持ちで味が変わりますよね。
 苦くて甘くて……辛い恋の味みたい」


希鈴アイコン 80

希鈴「生意気なコト言ってるんじゃないわよ。
 恋愛未満のひよっ子が!」

希鈴は笑いながら冷たい缶を僕の額にあてた。


アイコン 伊藤若葉顔黒80

伊藤君「ひやっ!」


希鈴アイコン 80

希鈴「まっ、元気になったようで良かったじゃない?」


アイコン 伊藤若葉顔黒80

伊藤君「優しいんだから。
 円先輩が希鈴さんに惚れないのが不思議なぐらいですよ。僕は助かってますけど」


希鈴アイコン 80

希鈴「なによ」

その時。


続く


★次回、金曜日頃更新♪★


☆お知らせ☆
単行本発売しました♪



新作は拍手ボタン先のお礼ページにあります。
クリックしてね☆彡
応援ありがとう!お礼SSあるよ☆

テーマ : BL小説
ジャンル : 小説・文学

tag : 擬人化 BL小説 ドリンク 小説 伊藤園 ボーイズラブ小説 キリン 午後の紅茶 エスプレッソ アイスラテ

愛と潤いのドリンク劇場『伊藤君と円先輩』▼99本目 『紅茶華伝 プレミアムラテ』(N:藤間しおん I:石原理)

2011-07-29

十人立絵


☆ 伊藤苑に入社した天才的な味覚を持つ伊藤若葉君のドリンク探求物語。


▼99本目 『紅茶華伝 プレミアムラテ』


赤い絨毯がさぁーっと僕らの前まで進んできた。


コカアイコン80

コカ「恋してるかぁ~い?
 恋する青年は『紅茶華伝 プレミアムラテ』を飲みたまえ!」

僕は手渡された紅茶をこくりと飲んだ。


アイコン 伊藤若葉顔黒80

伊藤君「缶を見ると一見『午後は紅茶 エスプレッソ アイスラテ』のライバルに見えますが、味はむしろうちのライバルですね。
 エスプレッソより味がまろやか。
 なんだろうこのぬるっとした舌触りは……クリームかな」

コカはにやりと笑い、僕の肩に手を置いた。


コカアイコン80

コカ「円君もそりゃイイ男だけど、そろそろ私と白いクリームな関係にならないかい?」


アイコン 伊藤若葉顔黒80

伊藤君「えっ!?」


希鈴アイコン 80

希鈴「懲りない男ねぇ」

コカが僕をいきなり抱き締めた。


コカアイコン80

コカ「ん~、緑茶のいい匂い。
 これは確かにハマるネ。円君の気持ちがわかる」


アイコン 伊藤若葉顔黒80

伊藤君「ちょっ、ちょっと!
 希鈴さん助けて!」


希鈴アイコン 80

希鈴「今度は自分で逃げなさい」


アイコン 伊藤若葉顔黒80

伊藤君「僕とコカさんだと体力差がありすぎですよ!」


希鈴アイコン 80

希鈴「しょうがないわね」

希鈴がコカを引っ張った。


続く


★次回、金曜日頃更新♪★


☆お知らせ☆
単行本発売しました♪



新作は拍手ボタン先のお礼ページにあります。
クリックしてね☆彡
応援ありがとう!お礼SSあるよ☆

テーマ : BL小説
ジャンル : 小説・文学

tag : 擬人化 BL小説 ドリンク 小説 伊藤園 コカコーラ 紅茶花伝 プレミアムティーラテ

愛と潤いのドリンク劇場『伊藤君と円先輩』▼100本目 『紅茶華伝 プレミアムラテ 2』(N:藤間しおん I:石原理)

2011-08-05

十人立絵


☆ 伊藤苑に入社した天才的な味覚を持つ伊藤若葉君のドリンク探求物語。


▼100本目 『紅茶華伝 プレミアムラテ 2』


コカアイコン80

コカ「ノオオオ! 希鈴君、酷いよ」


希鈴アイコン 80

希鈴「ダメよ。この子は夫(仮)の部下ですもの」


アイコン 伊藤若葉顔黒80

伊藤君「その夫(仮)っていうのは否定させて貰いたいです」


希鈴アイコン 80

希鈴「コカの腕から逃げられないぐらい弱いくせして、生意気ね」


アイコン 伊藤若葉顔黒80

伊藤君「僕も体力つけます。
 今回はありがとうございました」


希鈴アイコン 80

希鈴「どういたしまして。
 紅茶の王者ですもの。当然よ。
 華伝なんて敵じゃなくってよ」


コカアイコン80

コカ「言うネ。そんな気が強い君が好きだヨ」


アイコン 伊藤若葉顔黒80

伊藤君「コカさんって希鈴さんが好きなんですか!?」


希鈴アイコン 80

希鈴「これだから童貞は。
 お世辞よ。
 こんぐらい言えるようになりなさい。
 チェリーボーイ」


アイコン 伊藤若葉顔黒80

伊藤君「はい!」

コカが、あははと笑った。


コカアイコン80

コカ「伊藤君は素直で可愛いネ。
 響が溺愛するわけだ」


アイコン 伊藤若葉顔黒80

伊藤君「コカさんって……」

お兄様と恋人関係なんですか?
その言葉が出ない。

その時、お兄様が現われた。


名波アイコン80

名波「休憩時間が終わったぞ……お前ら、なんでここにいるんだー!」

やっぱり恋人関係とか、ありえないか。


続く


★次回、金曜日頃更新♪★


☆お知らせ☆
単行本発売しました♪



新作は拍手ボタン先のお礼ページにあります。
クリックしてね☆彡
応援ありがとう!お礼SSあるよ☆

テーマ : BL小説
ジャンル : 小説・文学

tag : 紅茶花伝 プレミアムティーラテ コカコーラ 伊藤園 擬人化 BL小説

プロフィール

ペンちゃん110

Author:ペンちゃん110
伊藤家に飼われているペンちゃんだペン☆
ドリンク企業擬人化『伊藤君と円先輩』ブログの管理人だペン。
更新は金曜日♪
遊びにきてきて~♪

『伊藤君と円先輩』』書籍化決定!

『伊藤君と円先輩 Labo』お試し☆
読者数
リンクフリー。バナーお持ち帰りOK★
ドリンク擬人化『伊藤君と円先輩』
メールアドレス
このサイトは基本的にリンクフリーです。 当サイトへの通知は必要ありませんが、メールをいただければ相互リンクいたします。
メール
FC2おすすめブログ認定☆
QRコード
QR
最新記事
カテゴリ
☆始めから順番に読む☆
月別アーカイブ
リンク
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
無料電子書籍DL★
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。