スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛と潤いのドリンク劇場『伊藤君と円先輩』▼161本目『三家サイダー まるしぼりレモン 2』(N:藤間しおん I:石原理)

2012-03-21

十人立絵


☆ 伊藤苑に入社した天才的な味覚を持つ伊藤若葉君のドリンク探求物語。


▼161本目『三家サイダー まるしぼりレモン 2』


希鈴がほほほと笑った。


希鈴アイコン 80

希鈴「あたしより先に名波はコカに出会っているのよ。
 無理に決まっているじゃない」


三鳥井アイコン 80

三鳥井「そうだな。
 あのホームパーティーで希鈴も俺も初めて業界デビューした響をコカから紹介されたからな」


希鈴アイコン 80

希鈴「名波夫人は本当に策士よねぇ。
 アメリカでの売上も伸びる筈よ」

僕は円先輩がアメリカ支部社長であるお母様の名前を思い出しませんように、と祈った。


コカアイコン80

コカ「別に私は名波夫人に頼まれて響を紹介して回ったわけじゃないヨ。
 ただまぁ……ちょっと可愛かったからネ」


希鈴アイコン 80三鳥井アイコン 80

希鈴・三鳥井「ショタコンの変態」


コカアイコン80

コカ「酷いな。
 私は響が十八になるまで手を出さなかったぞ」


三鳥井アイコン 80

三鳥井「マジか。
 ちっ! じゃあ手を出しておけば良かった。
 あの事件の後、てっきりお前と寝ているもんだと勘違いしていた」


希鈴アイコン 80

希鈴「そういう噂が流れていたわよね」


あさひ アイコン80

あさひ「僕の学年では美男寮長達のお誘いを断った名波先輩が伝説のコカ先輩と付き合ったという話で持ちきりでした」


つづく


★次回、金曜日頃更新♪ ランダム更新あるかも? お楽しみに★


↓応援のクリックをお願いします♪


☆お知らせ☆

「コカアディクション1&2 ~『伊藤君と円先輩』サイドストーリー~ 2012/02/17増補版」 電子書籍化しました☆ コカと名波響の秘められたラブシーンが描かれています。
 無料電子書籍、PC、スマホ、PDF、ePUB 等はこちら → http://p.booklog.jp/book/42876
 携帯電話での閲覧はこちら(第二部「ベルガモットに魅せられて」は31Pから☆) → http://ip.tosp.co.jp/BK/TosBK100.asp?I=fujimashion&BookId=8&guid=on
『伊藤君と円先輩Labo』電子書籍化しました★
スマホ、携帯でも読めます。DLもOK
無料配布しています。伊藤君と円先輩の出会いはここからhttp://p.booklog.jp/book/32898
スポンサーサイト

テーマ : BL小説
ジャンル : 小説・文学

tag : ミツヤサイダー まる絞りレモン MITSUYA CIDER コカコーラ キリン

愛と潤いのドリンク劇場『伊藤君と円先輩』▼162本目『三家サイダー まるしぼりレモン 3』(N:藤間しおん I:石原理)

2012-03-23

十人立絵


☆ 伊藤苑に入社した天才的な味覚を持つ伊藤若葉君のドリンク探求物語。


▼162本目『三家サイダー まるしぼりレモン 3』



コカアイコン80

コカ「君達が響と付き合うチャンスはいくらでもあった。
 しかしチャンスというのはね、掴まないと何も起こらないんだヨ★」


希鈴アイコン 80

希鈴「正論だわ。
 でもこの二人が名波に告白したって無理じゃない。
 だってこの子、昔から……」


名波アイコン80

名波「黙れ、希鈴!」

お兄様が真っ赤になって希鈴の口を塞いだ。


あさひ アイコン80

あさひ「……あぁ、だから寮長達のお誘いを断ったわけですか。
 前から学園のアイドル達に誘われて断った人などいないのに名波先輩がお断りをしていて謎でした」

あさひがくすっと笑い、お兄様を見た。


コカアイコン80

コカ「何の話をしているんだい?」


希鈴アイコン 80

希鈴「教えてあげな~い」

希鈴とあさひがくすくすと笑う。


コカアイコン80

コカ「……ふん、まぁいい。
 ところで響」


名波アイコン80

名波「あっ!」

コカがお兄様の腕を後ろに組ませる。
そしてパジャマの上着を引っ張り縛った。
ピンク色に染まった肩と鎖骨のラインが見える。


名波アイコン80

名波「ジョン、お前なにを……」

コカがゆっくりとお兄様の唇に触れる。


コカアイコン80

コカ「希鈴に触ったオシオキだよ」


つづく


★次回、金曜日頃更新♪ ランダム更新あるかも? お楽しみに★


↓応援のクリックをお願いします♪


☆お知らせ☆

「コカアディクション1&2 ~『伊藤君と円先輩』サイドストーリー~ 2012/02/17増補版」 電子書籍化しました☆ コカと名波響の秘められたラブシーンが描かれています。
 無料電子書籍、PC、スマホ、PDF、ePUB 等はこちら → http://p.booklog.jp/book/42876
 携帯電話での閲覧はこちら(第二部「ベルガモットに魅せられて」は31Pから☆) → http://ip.tosp.co.jp/BK/TosBK100.asp?I=fujimashion&BookId=8&guid=on
『伊藤君と円先輩Labo』電子書籍化しました★
スマホ、携帯でも読めます。DLもOK
無料配布しています。伊藤君と円先輩の出会いはここからhttp://p.booklog.jp/book/32898

テーマ : BL小説
ジャンル : 小説・文学

tag : ミツヤサイダー まる絞りレモン MITSUYA CIDER キリン

愛と潤いのドリンク劇場『伊藤君と円先輩』▼163本目『三家サイダー まるしぼりレモン 4』(N:藤間しおん I:石原理)

2012-03-26

十人立絵


☆ 伊藤苑に入社した天才的な味覚を持つ伊藤若葉君のドリンク探求物語。


▼163本目『三家サイダー まるしぼりレモン 4』


コカがゆっくりと赤い蒲団を下にずらす。
汗に濡れたピンクパールのようなお兄様の肌が露わになっていく。


名波アイコン80

名波「悪かった! 済まなかった!
 ジョン、許してくれ!」

ピタリと蒲団が止まる。


三鳥井アイコン 80

三鳥井「ちっ! あと少しで見えそうなのに。
 がばーっといっちまえよ、がばーっと。
 どうせ水着姿の時はまる見えだったじゃねぇか」


大同 アイコン 80

大同「三鳥井さん、チラリズムってやつですよ。
 あの蒲団の下で何が行なわれているのか想像するのが楽しいんじゃないですか」


名波アイコン80

名波「そ、想像とかしないで……くださいよ、大同さ……んっ!」

ベッドが軋み、お兄様が息を荒げる。

大同が咳き込んだ。


大同 アイコン 80

大同「……色っぽく名前を呼ばれて、鼻血を吹くかと思った。
 円さんは美人さんを抱えていていいなぁ。
 僕にくださいよ」


円先輩アイコン80

円先輩「お断りです」

お兄様がコカを見る。


名波アイコン80

名波「ジョン、隣室へ行かせてくれ。
 もう……我慢が出来……ない」


コカアイコン80

コカ「君はこの家の主人だという自覚が足りないんじゃないか?」


つづく


★次回、金曜日頃更新♪ ランダム更新あるかも? お楽しみに★


↓応援のクリックをお願いします♪


☆お知らせ☆

「コカアディクション1&2 ~『伊藤君と円先輩』サイドストーリー~ 2012/02/17増補版」 電子書籍化しました☆ コカと名波響の秘められたラブシーンが描かれています。
 無料電子書籍、PC、スマホ、PDF、ePUB 等はこちら → http://p.booklog.jp/book/42876
 携帯電話での閲覧はこちら(第二部「ベルガモットに魅せられて」は31Pから☆) → http://ip.tosp.co.jp/BK/TosBK100.asp?I=fujimashion&BookId=8&guid=on
『伊藤君と円先輩Labo』電子書籍化しました★
スマホ、携帯でも読めます。DLもOK
無料配布しています。伊藤君と円先輩の出会いはここからhttp://p.booklog.jp/book/32898

テーマ : BL小説
ジャンル : 小説・文学

tag : ミツヤサイダー まる絞りレモン MITSUYA CIDER 伊藤園 コカコーラ

愛と潤いのドリンク劇場『伊藤君と円先輩』▼164本目『三家サイダー まるしぼりレモン 5』(N:藤間しおん I:石原理)

2012-03-30

十人立絵


☆ 伊藤苑に入社した天才的な味覚を持つ伊藤若葉君のドリンク探求物語。


▼164本目『三家サイダー まるしぼりレモン 5』


コカがお兄様を優しく抱き締める。


コカアイコン80

コカ「主人として扱われているからこそ私達のベッドルームにいつも通り入ったのだろう?
 そんなホストである君が他の部屋で眠れるわけないだろ。
 それに」


名波アイコン80

名波「はうっあ!」

お兄様の胸元がびくんっと爆ぜる。


コカアイコン80

コカ「これは君への罰なんだよ。
 愛の部屋にサンガ君を連れ込んだ君へのね。
 逃げる事が許されると思っているのかい?」

お兄様の胸元がもぞもぞと動く。
コカの腕に包まれた体が揺れる。


名波アイコン80

名波「ひっ! あっ! かはっ!
 あっ……はっ! ふっ!」

お兄様の瞳が宙を舞う。
まるで僕の姿が見えていないかのように。


名波アイコン80

名波「あっ、ひぃ! あん……はうぅん!
 許し、あうぅ!」

彼のピンク色の体が連続的に震え、悶える。


三鳥井アイコン 80

三鳥井「ドライで逝きまくりの色っぽい表情がたまらねぇな」


サンガアイコン 80

サンガ「ドライってなんスか?」


大同 アイコン 80

大同「射精をしない絶頂のことですよ。
 前立腺をマッサージすると味わえます」


アイコン れもん 80

れもん「さすが一人遊びの帝王!」


つづく


★次回、金曜日頃更新♪ ランダム更新あるかも? お楽しみに★


↓応援のクリックをお願いします♪


☆お知らせ☆

「コカアディクション1&2 ~『伊藤君と円先輩』サイドストーリー~ 2012/02/17増補版」 電子書籍化しました☆ コカと名波響の秘められたラブシーンが描かれています。
 無料電子書籍、PC、スマホ、PDF、ePUB 等はこちら → http://p.booklog.jp/book/42876
 携帯電話での閲覧はこちら(第二部「ベルガモットに魅せられて」は31Pから☆) → http://ip.tosp.co.jp/BK/TosBK100.asp?I=fujimashion&BookId=8&guid=on
『伊藤君と円先輩Labo』電子書籍化しました★
スマホ、携帯でも読めます。DLもOK
無料配布しています。伊藤君と円先輩の出会いはここからhttp://p.booklog.jp/book/32898

続きを読む

テーマ : BL小説
ジャンル : 小説・文学

tag : ミツヤサイダー まる絞りレモン MITSUYA CIDER BL小説 コカコーラ

愛と潤いのドリンク劇場『伊藤君と円先輩』▼165本目『三家サイダー まるしぼりレモン 6』(N:藤間しおん I:石原理)

2012-03-31

十人立絵


☆ 伊藤苑に入社した天才的な味覚を持つ伊藤若葉君のドリンク探求物語。


▼165本目『三家サイダー まるしぼりレモン 6』



大同 アイコン 80

大同「ふふっ、自家発電の事ならまかせてください」

そこ、威張るトコなの!?


アイコン 伊藤若葉顔黒80

伊藤君「……!!」

僕のとろとろした蜜で濡れた円先輩の指が、そっと割れ目を滑り侵入してくる。
気付かれては駄目だ。
顔に出しても、声に出してもいけない。
目の前にはお兄様がいる。
円先輩の指が入口をくにゅくにゅと揉む。
気持ち良くて、僕は小さくそっと息を吐いた。
先輩の大きな左手が僕の熱を帯びた欲望を上下にこする。

喘ぐ兄の姿。
その艶やかな声。

男達の興奮した薫り。

円先輩の荒い吐息、獣欲的な熱さ。

僕は我慢しきれず、ぶるぶるっと震えた。
息がだんだんと荒くなっていく。

ふっと円先輩が優しく笑った。


円先輩アイコン80

円先輩「なぁ、伊藤君。
 前立腺ってどこにあるか知っているか?」

止めてください、先輩。
目の前に僕の兄がいるのです。

でも社内機密になっているこの情報を僕は円先輩に言う権利がない。


アイコン 伊藤若葉顔黒80

伊藤君「が、癌になったり肥大したりする場所で……ですよね」


円先輩アイコン80

円先輩「ここだよ」

テーマ : BL小説
ジャンル : 小説・文学

tag : ミツヤサイダー まる絞りレモン MITSUYA CIDER BL小説 伊藤園 ボーイズラブ小説

愛と潤いのドリンク劇場『伊藤君と円先輩』▼166本目『三家サイダー まるしぼりレモン 7』(N:藤間しおん I:石原理)

2012-04-02

十人立絵


☆ 伊藤苑に入社した天才的な味覚を持つ伊藤若葉君のドリンク探求物語。


▼166本目『三家サイダー まるしぼりレモン 7』


円先輩の太い指が僕の気持ち良い所をくりくりくりっと弄る。
同時に膨張した切っ先が愛撫される。


アイコン 伊藤若葉顔黒80名波アイコン80

伊藤君・名波「ひやぁああああん」

僕とお兄様の澄んだ声が共鳴する。

体の中の欲望が円先輩の掌へと弾け飛ぶ。


ああ……。


次の瞬間、僕とお兄様は真っ赤になりお互いの顔を見つめ、同時に顔を伏せた。
み、み、み、み、見られた……お、お兄様に恥ずかしい姿を見られた。

いや、僕はお兄様の恥ずかしい姿を今まで見ていたわけで。
だがそれは半分、コカに無理矢理強いられていた姿だ。

でも僕は……。

お兄様の姿に興奮を覚えながら、円先輩の愛撫で達してしまった。
お兄様の目の前で。
顔を蒲団で隠すこともせず、淫猥に喘ぐお兄様から目が離せぬまま、先輩の逞しい腕の中で絶頂を迎えた。
精神的な昂ぶりと肉体の脱力感で僕は茫然自失となった。


円先輩アイコン80

円先輩「若葉。君の喘ぎ声はとても素敵だ」

先輩が僕の項にキスをする。


あさひ アイコン80

あさひ「……素晴らしい。芸術的な……シーンでした」


【BL ドリンク擬人化】『コカアディクション1~3 ~『伊藤君と円先輩』サイドストーリー~ 2012/05/25増補版』に続編あります。→http://p.booklog.jp/book/42876

つづく


★次回、金曜日頃更新♪ ランダム更新あるかも? お楽しみに★


↓応援のクリックをお願いします♪


☆お知らせ☆

「コカアディクション1&2 ~『伊藤君と円先輩』サイドストーリー~ 2012/02/17増補版」 電子書籍化しました☆ コカと名波響の秘められたラブシーンが描かれています。
 無料電子書籍、PC、スマホ、PDF、ePUB 等はこちら → http://p.booklog.jp/book/42876
 携帯電話での閲覧はこちら(第二部「ベルガモットに魅せられて」は31Pから☆) → http://ip.tosp.co.jp/BK/TosBK100.asp?I=fujimashion&BookId=8&guid=on
『伊藤君と円先輩Labo』電子書籍化しました★
スマホ、携帯でも読めます。DLもOK
無料配布しています。伊藤君と円先輩の出会いはここからhttp://p.booklog.jp/book/32898

テーマ : BL小説
ジャンル : 小説・文学

tag : ミツヤサイダー まる絞りレモン MITSUYA CIDER 伊藤園

愛と潤いのドリンク劇場『伊藤君と円先輩』▼167本目『旨味 極一番茶』(N:藤間しおん I:石原理)

2012-04-04

十人立絵


☆ 伊藤苑に入社した天才的な味覚を持つ伊藤若葉君のドリンク探求物語。


▼167本目『旨味 極一番茶』


旅行から帰って三日目。

いつも僕の部屋にくるお兄様が一度も来ない。
夕飯も自室で食べているようだ。
会社でもなんとなく避けられているような気がする。
僕は『旨味 極一番茶』を持ってお兄様の部屋に向かった。

コンコン。


名波アイコン80

響「誰だ?」


アイコン 伊藤若葉顔黒80

若葉「……あの、僕です」


名波アイコン80

響「若葉!?」

扉がすぐに開いた。


名波アイコン80

響「あ……どうぞ。
 お前が私の部屋に来るなんて珍しいな」

相変わらず整った部屋だ。


アイコン 伊藤若葉顔黒80

若葉「新製品が出ましたので一緒に飲みませんか?」


名波アイコン80

響「ああ……ベランダに出ようか」

ベランダには春の薫りが漂っていた。

僕はお兄様にそっと寄り添う。


アイコン 伊藤若葉顔黒80

若葉「このお茶、福岡県八女茶葉百%使用じゃないですか。
 九州産は今、人気だから良い企画だと思いました。
 お茶の味もしっかり出ていますし。
 プレミア感がいいですよね」


名波アイコン80

響「うん。
 原発事故以来、日本の市場はがらっと変わったからな。
 九州に茶畑があって本当に良かった」

僕はお茶をこくこくと飲んだ。
落ち着け。
落ち着くんだ。


つづく


★次回、金曜日頃更新♪ ランダム更新あるかも? お楽しみに★


↓応援のクリックをお願いします♪


☆お知らせ☆

「コカアディクション1&2 ~『伊藤君と円先輩』サイドストーリー~ 2012/02/17増補版」 電子書籍化しました☆ コカと名波響の秘められたラブシーンが描かれています。
 無料電子書籍、PC、スマホ、PDF、ePUB 等はこちら → http://p.booklog.jp/book/42876
 携帯電話での閲覧はこちら(第二部「ベルガモットに魅せられて」は31Pから☆) → http://ip.tosp.co.jp/BK/TosBK100.asp?I=fujimashion&BookId=8&guid=on
『伊藤君と円先輩Labo』電子書籍化しました★
スマホ、携帯でも読めます。DLもOK
無料配布しています。伊藤君と円先輩の出会いはここからhttp://p.booklog.jp/book/32898

テーマ : BL小説
ジャンル : 小説・文学

tag : 伊藤園 旨味 極め一番茶 ホット ボーイズラブ小説 BL小説

愛と潤いのドリンク劇場『伊藤君と円先輩』▼168本目『旨味 極一番茶 2』(N:藤間しおん I:石原理)

2012-04-06

十人立絵


☆ 伊藤苑に入社した天才的な味覚を持つ伊藤若葉君のドリンク探求物語。


▼168本目『旨味 極一番茶 2』


どうやって切り出したらいいのだろうか。
あの夜に見たお兄様は素晴らしく美しかったですとか。
色っぽかったですとか。

いや、それじゃ変態だろ。
兄にかける言葉だろうか。

僕はちらりとお兄様を見た。
憂いた瞳で庭を見るその姿。
風に舞う梅の花弁が唇に触れる。
前々から思っていた事だけどやはりお兄様って綺麗だ。
でもコカに抱かれている時はこれが数倍美しく輝いていた。
あれが恋する男の姿ってやつなのか。
僕も円先輩に抱かれている時は美男子になったりするのだろうか。

お兄様が悲しそうな瞳で僕を見た。


名波アイコン80

響「あんな私の姿を見て……軽蔑したか?」


アイコン 伊藤若葉顔黒80

若葉「えっ!?」

僕はぶんぶんと首を振った。


アイコン 伊藤若葉顔黒80

若葉「いや、その……僕は、その……あの、お、お兄様の姿をみ、見て……えっと……ちょっと興奮しちゃったかな~とか。
 ははは」

今のうちに白状しておこう。

お兄様の顔が、ぽっと赤く染まる。


名波アイコン80

響「あ……そうなのか……う、嬉しいよ」

あぁ、変態兄を付け上がらせた。


つづく


★次回、金曜日頃更新♪ ランダム更新あるかも? お楽しみに★


↓応援のクリックをお願いします♪


☆お知らせ☆

「コカアディクション1&2 ~『伊藤君と円先輩』サイドストーリー~ 2012/02/17増補版」 電子書籍化しました☆ コカと名波響の秘められたラブシーンが描かれています。
 無料電子書籍、PC、スマホ、PDF、ePUB 等はこちら → http://p.booklog.jp/book/42876
 携帯電話での閲覧はこちら(第二部「ベルガモットに魅せられて」は31Pから☆) → http://ip.tosp.co.jp/BK/TosBK100.asp?I=fujimashion&BookId=8&guid=on
『伊藤君と円先輩Labo』電子書籍化しました★
スマホ、携帯でも読めます。DLもOK
無料配布しています。伊藤君と円先輩の出会いはここからhttp://p.booklog.jp/book/32898

テーマ : BL小説
ジャンル : 小説・文学

tag : 伊藤園 旨味 極め一番茶 ホット ボーイズラブ小説

愛と潤いのドリンク劇場『伊藤君と円先輩』▼169本目『旨味 極一番茶 3』(N:藤間しおん I:石原理)

2012-04-09

十人立絵


☆ 伊藤苑に入社した天才的な味覚を持つ伊藤若葉君のドリンク探求物語。


▼169本目『旨味 極一番茶 3』


いや、変態はどっちだ。
兄のよがっている姿を見ながら達する弟だなんて。


アイコン 伊藤若葉顔黒80

若葉「僕……お兄様がコカさんと付き合っているって聞いた時、凄くショックでした。
 お兄様が取られてしまうんじゃないかって思って。
 だけどコカさんはまるで自分の伴侶のようお兄様のことを大切にしてくださっていて……そしてちゃんとお兄様が伊藤苑の社長になるように成長させて送り出してくださっていて。
 ……コカさんっておちゃらけた人だと思っていたのですが、しっかりなさっているんだなと改めて知りました」


名波アイコン80

響「まぁ、あいつは私達と違って古河家の家長だからな。
 しっかりしてない筈がない」


アイコン 伊藤若葉顔黒80

若葉「そうでした。
 家長かぁ……お兄様、凄い人と付き合ってますよね」


名波アイコン80

響「そうだな……付き合っていたんだよ」


アイコン 伊藤若葉顔黒80

若葉「でもお付合いする事をお母様は賛成していらっしゃるのでしょう?」


名波アイコン80

響「あぁ。
 お父様もお爺様もお婆様も賛成してくださっているよ……結婚を前提としないお付合いをね」


つづく


★次回、金曜日頃更新♪ ランダム更新あるかも? お楽しみに★


↓応援のクリックをお願いします♪


☆お知らせ☆

「コカアディクション1&2 ~『伊藤君と円先輩』サイドストーリー~ 2012/02/17増補版」 電子書籍化しました☆ コカと名波響の秘められたラブシーンが描かれています。
 無料電子書籍、PC、スマホ、PDF、ePUB 等はこちら → http://p.booklog.jp/book/42876
 携帯電話での閲覧はこちら(第二部「ベルガモットに魅せられて」は31Pから☆) → http://ip.tosp.co.jp/BK/TosBK100.asp?I=fujimashion&BookId=8&guid=on
『伊藤君と円先輩Labo』電子書籍化しました★
スマホ、携帯でも読めます。DLもOK
無料配布しています。伊藤君と円先輩の出会いはここからhttp://p.booklog.jp/book/32898

テーマ : BL小説
ジャンル : 小説・文学

tag : 伊藤園 旨味 極め一番茶 ホット BL小説 擬人化 ボーイズラブ小説

愛と潤いのドリンク劇場『伊藤君と円先輩』▼170本目『旨味 極一番茶 4』(N:藤間しおん I:石原理)

2012-04-13

十人立絵


☆ 伊藤苑に入社した天才的な味覚を持つ伊藤若葉君のドリンク探求物語。


▼170本目『旨味 極一番茶 4』


僕はびくっと手を震わせた。


アイコン 伊藤若葉顔黒80

若葉「そ、それって……」

そうだ。

いくら愛し合っていても、お兄様とコカが結婚出来るわけがない。
結婚……いや、身分が違い過ぎる。
元Lビー社員だったあさひや、れもんのように養子縁組がせいぜいだろう。

子会社化。
乗っ取り。

青ざめる僕を見て、お兄様がふっと笑った。


名波アイコン80

響「若葉は何も心配するな。
 私はどこにも行かないし、お前を一生守ってやるからな」

お兄様が僕の頭を抱き寄せ、髪の毛に優しくキスをした。


名波アイコン80

響「それにな、この事はジョン自身も知っている。
 だからこそあいつは私が伊藤苑に入社するのを止めなかった。
 私達は生まれた時から重役会議で決められたレールの上を綺麗に歩いているんだよ。
 私もジョンも、他の皆もね。
 だからお前は愛する人と一緒になるんだ。
 私のささやかな夢だ」


アイコン 伊藤若葉顔黒80

若葉「……でも僕の恋愛を今まで邪魔してきましたよね?」


名波アイコン80

響「うっ!
 そ、それはその……相手がお前に釣り合わないから……ちょっとな」


つづく


★次回、金曜日頃更新♪ ランダム更新あるかも? お楽しみに★


↓応援のクリックをお願いします♪


☆お知らせ☆

「コカアディクション1&2 ~『伊藤君と円先輩』サイドストーリー~ 2012/02/17増補版」 電子書籍化しました☆ コカと名波響の秘められたラブシーンが描かれています。
 無料電子書籍、PC、スマホ、PDF、ePUB 等はこちら → http://p.booklog.jp/book/42876
 携帯電話での閲覧はこちら(第二部「ベルガモットに魅せられて」は31Pから☆) → http://ip.tosp.co.jp/BK/TosBK100.asp?I=fujimashion&BookId=8&guid=on
『伊藤君と円先輩Labo』電子書籍化しました★
スマホ、携帯でも読めます。DLもOK
無料配布しています。伊藤君と円先輩の出会いはここからhttp://p.booklog.jp/book/32898

テーマ : BL小説
ジャンル : 小説・文学

tag : 伊藤園 旨味 極め一番茶 ホット コカコーラ ボーイズラブ小説

プロフィール

ペンちゃん110

Author:ペンちゃん110
伊藤家に飼われているペンちゃんだペン☆
ドリンク企業擬人化『伊藤君と円先輩』ブログの管理人だペン。
更新は金曜日♪
遊びにきてきて~♪

『伊藤君と円先輩』』書籍化決定!

『伊藤君と円先輩 Labo』お試し☆
読者数
リンクフリー。バナーお持ち帰りOK★
ドリンク擬人化『伊藤君と円先輩』
メールアドレス
このサイトは基本的にリンクフリーです。 当サイトへの通知は必要ありませんが、メールをいただければ相互リンクいたします。
メール
FC2おすすめブログ認定☆
QRコード
QR
最新記事
カテゴリ
☆始めから順番に読む☆
月別アーカイブ
リンク
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
無料電子書籍DL★
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。