スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛と潤いのドリンク劇場『伊藤君と円先輩』47本目『ベジタブルコラーゲン』(N:藤間しおん I:石原理)

2010-07-01

☆ 伊藤苑に入社した天才的な味覚を持つ伊藤若葉君のドリンク探求物語。


▼47本目『ベジタブルコラーゲン』


伊藤家若葉自室。


アイコン 伊藤若葉顔黒80

伊藤君「ただいま~、今日も疲れたな~」

僕はパジャマに着替えて、リクライニングチェアに横たわった。


アイコン 伊藤若葉顔黒80

伊藤君「もう十一時だ」

ペンちゃん「ペン♪」


アイコン 伊藤若葉顔黒80

伊藤君「ありがとう。『ベジタブルコラーゲン』か。
 これ、伊藤苑の通販専売なんだよね。
 体にもいいし、コラーゲン入りなのに、なんで通販のみなんだろう?」

僕はちゅーっと吸った。


アイコン 伊藤若葉顔黒80

伊藤君「最初にくる味はオレンジ。
 それからピーマンなど緑黄色野菜の苦味が口の中に広がる……この強い野菜の苦味、円先輩の味調整だな」

僕はパッケージを見た。


アイコン 伊藤若葉顔黒80

伊藤君「女性向けの赤系デザインなのに、野菜一本勝負の苦味は、濃くて漢らしい。
 高校生とかは苦手そうだ。
 だから通販か……でも体が安らぐ……」

僕はそのまま眠ってしまった。

その後。
扉が静かに開く。

ペンちゃん「ペン」


名波アイコン80

響「しぃー」

響は若葉をベッドに運んだ。


名波アイコン80

響「おやすみ、若葉」

若葉の寝顔に響は優しくキスをし、そっと部屋から出ていくのだった。


続く


次回7月2日木曜日UP予定です♪
毎週月・水・木・金曜日に更新
拍手する→お礼ページに続きがあるよ
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

tag : BL小説 擬人化 小説

愛と潤いのドリンク劇場『伊藤君と円先輩』48本目『TEA&TEA ミルクティー』  ファンタジー篇1(N:藤間しおん I:石原理)

2010-07-02

☆ 伊藤苑に入社した天才的な味覚を持つ伊藤若葉君のドリンク探求物語。


▼48本目『TEA&TEA ミルクティー』
 ファンタジー篇1



アイコン 伊藤若葉顔黒80

伊藤君「うわああああ」

落ちる。
落ちる。
とても深い穴へ。

次の瞬間。

僕は円先輩に受け止められていた。


円先輩アイコン80

マドカ「ナイスキャッチ!
 おい、ナナミ。空からお姫様が降ってきたぞ」

円先輩の艶やかな顔が近くてドキドキする。
そして大地の香り。
魅惑と安堵が混じり合う。


名波アイコン80

ナナミ「そのようですね。
 私は賢者ナナミ。こちらは騎士マドカ。
 君は?」

話についていけない。


アイコン 伊藤若葉顔黒80

伊藤君「伊藤若葉……」

輝く鎧姿の凛々しい円先輩と、ロングマントを羽織った華麗なお兄様。
ファンタジックな服装だ。
そこまでは分かる。
しかし何故、僕の服はひらひらの白いドレス!?


円先輩アイコン80

マドカ「若葉様か。
 俺達は紅茶の女王を倒しに行くところなんだ」


名波アイコン80

ナナミ「午後は紅茶女王・キリン。
 巨大な領土を持つ魔女。
 しかしその前に紅茶が湧き出る奇跡の泉『TEA&TEA ミルクティー』を見つけなければならない」


アイコン 伊藤若葉顔黒80

伊藤君「紅茶が湧き出ているんですか!
 クンクン。こっちですよ!
 茶葉の香りがする」


続く


次回7月5日月曜日UP予定です♪
毎週月・金曜日に更新
拍手する→お礼ページに続きがあるよ

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

tag : BL小説 擬人化 小説

愛と潤いのドリンク劇場『伊藤君と円先輩』49本目『TEA&TEA ミルクティー』  ファンタジー篇2(N:藤間しおん I:石原理)

2010-07-04

☆ 伊藤苑に入社した天才的な味覚を持つ伊藤若葉君のドリンク探求物語。


▼49本目『TEA&TEA ミルクティー 2』
 ファンタジー篇2


森を進み、僕らは煌めく紅茶の泉『TEA&TEA ミルクティー』を発見した。


アイコン 伊藤若葉顔黒80

伊藤君「凄い! 紅茶が湧き出ている!
 早速飲んでみよう。
 濃い茶葉の味がする。
 そしてまろやかなミルクの味としっかりした甘さが、紅茶の苦味を上手く消していますね」

すると僕のドレスは輝く紅茶色に変化し、腰に剣が現れた。


名波アイコン80

ナナミ「“その者、紅茶色のドレスを身にまとい、悪しき女王を滅する”
 伝説の勇者の再来だ!」


アイコン 伊藤若葉顔黒80

伊藤君「それよりもスカートの丈が超ミニになったことの方が、僕は気になるんですけど!」


円先輩アイコン80

マドカ「愛らしいじゃないか」


僕は円先輩にぎゅぅぅっと抱きしめられた。
熱い体と香しさ。強い腕に包まれ、安心感が体を覆う。

その時、濃厚に甘いカスタードクリームの匂いが辺りを包み込んだ。


円先輩アイコン80

マドカ「敵か!?」

「ははははは」

低い男の声が木霊する。


アイコン 伊藤若葉顔黒80

ナナミ「こっちだ!」

お兄様は声のする方向へと走っていった。
僕は甘い香りに誘われて、茂みへと入っていった。

続く


次回7月9日金曜日UP予定です♪
毎週月・金曜日に更新
拍手する→お礼ページに続きがあるよ

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

tag : BL小説 擬人化

愛と潤いのドリンク劇場『伊藤君と円先輩』50本目『Liptoon ミルクティー カスタードシュー』  ファンタジー篇3(N:藤間しおん I:石原理)

2010-07-09

☆ 伊藤苑に入社した天才的な味覚を持つ伊藤若葉君のドリンク探求物語。


▼50本目『Liptoon ミルクティー カスタードシュー』
 ファンタジー篇3


茂みを抜けると、大きなテーブルが置いてある広間へと出た。
テーブルの上にはカスタードシュークリームが山のように積まれている。


三鳥井アイコン 80

サントリハッター「ようこそ、サントリハッターのお茶会へ」


アイコン 伊藤若葉顔黒80

伊藤君「シルクハット姿も素敵ですね」


三鳥井アイコン 80

サントリハッター「ひはははは、嬉しぃぜ。
 さぁ、こちらへ」

僕は強く引っ張られ、彼の膝の上に座らされた。


アイコン 伊藤若葉顔黒80

伊藤君「は、恥ずかしいです……」


三鳥井アイコン 80

サントリハッター「甘いて冷たい『Liptoon ミルクティー カスタードシュー』をどうぞ」


アイコン 伊藤若葉顔黒80

伊藤君「ありがとうございます」

僕はこくりと飲んだ。


アイコン 伊藤若葉顔黒80

伊藤君「甘い……とても濃厚な甘さだ……」


三鳥井アイコン 80

サントリハッター「砂糖を使っているからな。
 引きずり込まれるよぅな甘さだろ?
 砂糖のアディクト性。本物が持つ力だ。
 人工には出せない味だぜ」

次の瞬間。
僕はテーブルの上へと押し倒されていた。
シュークリームが潰れる。
ぬるっとしたカスタードが、体中に絡みつく。


アイコン 伊藤若葉顔黒80

伊藤君「何をするんですか!?」

続く


次回7月12日月曜日UP予定です♪
毎週月・金曜日に更新
ペンちゃん拍手

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

tag : BL小説 擬人化 Lipton

愛と潤いのドリンク劇場『伊藤君と円先輩』51本目『Liptoon ミルクティー カスタードシュー 2』  ファンタジー篇4(N:藤間しおん I:石原理)

2010-07-12

☆ 伊藤苑に入社した天才的な味覚を持つ伊藤若葉君のドリンク探求物語。


▼51本目『Liptoon ミルクティー カスタードシュー 2』
 ファンタジー篇4



三鳥井アイコン 80

サントリハッター「食べるンだよ。ここは食卓だからな」


アイコン 伊藤若葉顔黒80

伊藤君「三鳥井さん、お、おかしいです……め、目の下に隈が……っ!」

三鳥井が大きな手で、僕の腿にカスタードを塗った。
大胆な動き。
冷たくて、ぬるぬるしている。
僕が震えるたびに、服の隙間という隙間からカスタードクリームが入り込む。


アイコン 伊藤若葉顔黒80

伊藤君「やめてください!」


三鳥井アイコン 80

サントリハッター「Liptoonに闘いを挑む、その反抗的な瞳がいいぜ」

三鳥井の手が、ゆっくりと這う。
上へ……上へ。


アイコン 伊藤若葉顔黒80

伊藤君「そこは……ダメですって!」

そして……中へ。


アイコン 伊藤若葉顔黒80

伊藤君「やめて-!!」

その時。

「待ちなさい!」


アイコン 伊藤若葉顔黒80

伊藤君「あさひ君!」

あさひはふわふわな白ウサギのコスプレの上に、紅茶色のベストを着て、腰に短剣を差している。
めちゃくちゃ愛らしい。


あさひ アイコン80

アサヒウサギ「姫をどうするつもりです!
 手を放しなさい!
 短剣『Tea 0 ミルクティー』の切れを味わうがいい!」

あさひの攻撃を、三鳥井は帽子で軽々と受け止めた。


続く


次回7月16日金曜日UP予定です♪
毎週月・金曜日に更新
ペンちゃん拍手

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

tag : BL小説 擬人化

愛と潤いのドリンク劇場『伊藤君と円先輩』52本目『Tea 0 ミルクティー』 ファンタジー篇5(N:藤間しおん I:石原理)

2010-07-16

☆ 伊藤苑に入社した天才的な味覚を持つ伊藤若葉君のドリンク探求物語。


▼52本目『Tea 0 ミルクティー』 ファンタジー篇5



三鳥井アイコン 80

サントリハッター「ひはは! 短剣『Tea 0 ミルクティー』か。
 弱いな。
 茶葉もミルクも甘さも全て弱い」


あさひ アイコン80

アサヒウサギ「くっ!」

二人はしばらく睨み合った。


三鳥井アイコン 80

サントリハッター「ふん。こっちに来て手伝え。
 姫の手を押さえていろ」


あさひ アイコン80

アサヒウサギ「……わかりました」


アイコン 伊藤若葉顔黒80

伊藤君「えー!?
 助けにきてくれたんじゃなかったの!?」

あさひは僕の手を押さえ、カスタードシュークリームの海に沈めた。


あさひ アイコン80

アサヒウサギ「僕、根がスーパードライですから」


アイコン 伊藤若葉顔黒80

伊藤君「ちょっと待って!
 それビールだよね!?
 飲料じゃないよね!?」

あさひは悪魔のように美しく微笑んだ。


あさひ アイコン80

アサヒウサギ「それに姫を押し倒すチャンスなんて、そうそうありませんからね」

あさひが僕の指を優しく舐める。


アイコン 伊藤若葉顔黒80

伊藤君「……っ!」

指に絡みつく冷たいカスタードクリーム。
それを丁寧に舐めていくあさひの生温かい舌の感触。
敏感な指先から、体中に広がっていく快感。

その時。

巨大な雷が落ちてきた。


続く


次回7月23日金曜日UP予定です♪

19日、UP予定でしたが、同人誌用書き下ろし執筆のため、お休みさせていただきます。

毎週月・金曜日に更新
ペンちゃん拍手

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

tag : BL小説 擬人化

愛と潤いのドリンク劇場『伊藤君と円先輩』53本目『午後は紅茶 エスプレッソ』 ファンタジー篇6(N:藤間しおん I:石原理)

2010-07-23

☆ 伊藤苑に入社した天才的な味覚を持つ伊藤若葉君のドリンク探求物語。


▼53本目『午後は紅茶 エスプレッソ』 ファンタジー篇6


希鈴アイコン 80

キリン女王「サントリハッター!
 あたしにプロポーズしておきながら、なんで小娘を襲ってんのよ!」

三鳥井とあさひが黒焦げになって倒れた。


アイコン 伊藤若葉顔黒80

伊藤君「……あれ?
 雷に打たれてない?」

僕の周りには柔らかい光の幕が出来ていた。


名波アイコン80

ナナミ「間に合ったか」


アイコン 伊藤若葉顔黒80

伊藤君「お兄……名波さん!」

お兄様はロングマントを広げ、ふわぁっと僕を胸元に抱いた。


アイコン 伊藤若葉顔黒80

伊藤君「あ……」

熱い。
緊張と激しい鼓動が僕を包む。


名波アイコン80

ナナミ「もう放さない」

僕らの胸と胸が、腰と腰が、足と足が強く、猛々しく重なり、交じり合う。
興奮が止まらない。
恥ずかしい。


希鈴アイコン 80

キリン女王「出たわね、ナナミ!
 あんた達、目障りなのよ!
 紅茶の棚、侵食してんじゃないわよ!」

希鈴が僕らを狙って『午後は紅茶 エスプレッソ』の雷を落とす。
砂糖の甘さも牛乳のコクも押さえ付ける、濃くて深い茶葉の味が、太い光の矢となって落ちてくる。
その時!


円先輩アイコン80

マドカ「はあああっ!」

円先輩が大剣で雷光を真っ二つに割いた。


続く


作者夏休みのため、次回8月9日金曜日UP予定です♪

近日中に『伊藤君と円先輩 Labo』(無料配布同人誌)の情報をブログにUPします。
お楽しみに!

毎週月・金曜日に更新
ペンちゃん拍手

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

tag : BL小説 擬人化

『伊藤君と円先輩 Labo』同人誌無料配布のお知らせ。2010/08/03改訂版

2010-07-27

labo1
labo2

★ちょこっと改訂しました。(8/7)

『伊藤君と円先輩 Labo』 無料同人誌配布のお知らせだペン

伊藤家のペット、ペンちゃんだペン
なんと! 『伊藤君と円先輩』の同人誌が出ます!
有志の作家さん達、ありがとうだペン!

石原理先生のラフ画、藤王さやか先生の4コマ、藤間しおん先生の新作描き下ろし小説が載っているペン♪

またとらのあな様では全国でフェアー開催だペン
8/12から、とらのあな様のレジにて『伊藤君と円先輩 Labo』をプレゼント☆彡
数に限りがあるので、お早めに☆

『伊藤君と円先輩 Labo』無料配布書店 イベント 一覧

書店での配布8月12日~。無くなり次第、終了。

とらのあな様
 秋葉原店B 5F、6F、7F
 池袋店 3F
 なんば店 2F
 名古屋店 2F
 町田店
 千葉店

東京都
池袋 とらのあな様
   8/12からレジにて配布。☆

   アニメイト様
   まんだらけ様
   K-BOOKSコミック館様
   芳林堂コミックプラザ様
新宿 ジュンク堂コミック売り場様

コミックマーケット
8/13(金)東4館 ロー46b 寛瑛様
8/14(土)西2館 しー11B サンシュアリズム様
8/15(日)東6館 ヌー07B mono様

送料のみの通信販売 バードEx.

他、スパーク、J・ガーデンの「イトマドLabo」で配布予定

同人誌なので再版はありません。
ごめんなさい

では良い夏を!

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ペンちゃん110

Author:ペンちゃん110
伊藤家に飼われているペンちゃんだペン☆
ドリンク企業擬人化『伊藤君と円先輩』ブログの管理人だペン。
更新は金曜日♪
遊びにきてきて~♪

『伊藤君と円先輩』』書籍化決定!

『伊藤君と円先輩 Labo』お試し☆
読者数
リンクフリー。バナーお持ち帰りOK★
ドリンク擬人化『伊藤君と円先輩』
メールアドレス
このサイトは基本的にリンクフリーです。 当サイトへの通知は必要ありませんが、メールをいただければ相互リンクいたします。
メール
FC2おすすめブログ認定☆
QRコード
QR
最新記事
カテゴリ
☆始めから順番に読む☆
月別アーカイブ
リンク
カレンダー
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料電子書籍DL★
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。