スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛と潤いのドリンク劇場『伊藤君と円先輩』50本目『Liptoon ミルクティー カスタードシュー』  ファンタジー篇3(N:藤間しおん I:石原理)

2010-07-09

☆ 伊藤苑に入社した天才的な味覚を持つ伊藤若葉君のドリンク探求物語。


▼50本目『Liptoon ミルクティー カスタードシュー』
 ファンタジー篇3


茂みを抜けると、大きなテーブルが置いてある広間へと出た。
テーブルの上にはカスタードシュークリームが山のように積まれている。


三鳥井アイコン 80

サントリハッター「ようこそ、サントリハッターのお茶会へ」


アイコン 伊藤若葉顔黒80

伊藤君「シルクハット姿も素敵ですね」


三鳥井アイコン 80

サントリハッター「ひはははは、嬉しぃぜ。
 さぁ、こちらへ」

僕は強く引っ張られ、彼の膝の上に座らされた。


アイコン 伊藤若葉顔黒80

伊藤君「は、恥ずかしいです……」


三鳥井アイコン 80

サントリハッター「甘いて冷たい『Liptoon ミルクティー カスタードシュー』をどうぞ」


アイコン 伊藤若葉顔黒80

伊藤君「ありがとうございます」

僕はこくりと飲んだ。


アイコン 伊藤若葉顔黒80

伊藤君「甘い……とても濃厚な甘さだ……」


三鳥井アイコン 80

サントリハッター「砂糖を使っているからな。
 引きずり込まれるよぅな甘さだろ?
 砂糖のアディクト性。本物が持つ力だ。
 人工には出せない味だぜ」

次の瞬間。
僕はテーブルの上へと押し倒されていた。
シュークリームが潰れる。
ぬるっとしたカスタードが、体中に絡みつく。


アイコン 伊藤若葉顔黒80

伊藤君「何をするんですか!?」

続く


次回7月12日月曜日UP予定です♪
毎週月・金曜日に更新
ペンちゃん拍手
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

tag : BL小説 擬人化 Lipton

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ペンちゃん110

Author:ペンちゃん110
伊藤家に飼われているペンちゃんだペン☆
ドリンク企業擬人化『伊藤君と円先輩』ブログの管理人だペン。
更新は金曜日♪
遊びにきてきて~♪

『伊藤君と円先輩』』書籍化決定!

『伊藤君と円先輩 Labo』お試し☆
読者数
リンクフリー。バナーお持ち帰りOK★
ドリンク擬人化『伊藤君と円先輩』
メールアドレス
このサイトは基本的にリンクフリーです。 当サイトへの通知は必要ありませんが、メールをいただければ相互リンクいたします。
メール
FC2おすすめブログ認定☆
QRコード
QR
最新記事
カテゴリ
☆始めから順番に読む☆
月別アーカイブ
リンク
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料電子書籍DL★
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。