スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛と潤いのドリンク劇場『伊藤君と円先輩』51本目『Liptoon ミルクティー カスタードシュー 2』  ファンタジー篇4(N:藤間しおん I:石原理)

2010-07-12

☆ 伊藤苑に入社した天才的な味覚を持つ伊藤若葉君のドリンク探求物語。


▼51本目『Liptoon ミルクティー カスタードシュー 2』
 ファンタジー篇4



三鳥井アイコン 80

サントリハッター「食べるンだよ。ここは食卓だからな」


アイコン 伊藤若葉顔黒80

伊藤君「三鳥井さん、お、おかしいです……め、目の下に隈が……っ!」

三鳥井が大きな手で、僕の腿にカスタードを塗った。
大胆な動き。
冷たくて、ぬるぬるしている。
僕が震えるたびに、服の隙間という隙間からカスタードクリームが入り込む。


アイコン 伊藤若葉顔黒80

伊藤君「やめてください!」


三鳥井アイコン 80

サントリハッター「Liptoonに闘いを挑む、その反抗的な瞳がいいぜ」

三鳥井の手が、ゆっくりと這う。
上へ……上へ。


アイコン 伊藤若葉顔黒80

伊藤君「そこは……ダメですって!」

そして……中へ。


アイコン 伊藤若葉顔黒80

伊藤君「やめて-!!」

その時。

「待ちなさい!」


アイコン 伊藤若葉顔黒80

伊藤君「あさひ君!」

あさひはふわふわな白ウサギのコスプレの上に、紅茶色のベストを着て、腰に短剣を差している。
めちゃくちゃ愛らしい。


あさひ アイコン80

アサヒウサギ「姫をどうするつもりです!
 手を放しなさい!
 短剣『Tea 0 ミルクティー』の切れを味わうがいい!」

あさひの攻撃を、三鳥井は帽子で軽々と受け止めた。


続く


次回7月16日金曜日UP予定です♪
毎週月・金曜日に更新
ペンちゃん拍手
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

tag : BL小説 擬人化

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ペンちゃん110

Author:ペンちゃん110
伊藤家に飼われているペンちゃんだペン☆
ドリンク企業擬人化『伊藤君と円先輩』ブログの管理人だペン。
更新は金曜日♪
遊びにきてきて~♪

『伊藤君と円先輩』』書籍化決定!

『伊藤君と円先輩 Labo』お試し☆
読者数
リンクフリー。バナーお持ち帰りOK★
ドリンク擬人化『伊藤君と円先輩』
メールアドレス
このサイトは基本的にリンクフリーです。 当サイトへの通知は必要ありませんが、メールをいただければ相互リンクいたします。
メール
FC2おすすめブログ認定☆
QRコード
QR
最新記事
カテゴリ
☆始めから順番に読む☆
月別アーカイブ
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
無料電子書籍DL★
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。